リハビリセンター運営支援システム ― aidiリハビリ

aidi
「aidi」とは?

「aidi」とは、医療現場の声を反映し、電子カルテ管理・療法士シフト管理などといった豊富な機能と視覚的なインターフェースにより直感操作が可能になった、リハセンター運営を支援するケアカルテシステムです。
導入時から迷わずご使用いただけます。

「aidi」ケアカルテシステムは、患者様のカルテ情報等を元に医療現場で的確な情報を提供し、詳細な分析で適切な処理を行う事を可能にします。また、医療現場での膨大な書類作成業務を軽減することで、患者様へより多くの時間を提供することができます。

さらに「aidi」ケアカルテシステムでは患者様のカルテ管理だけでなく、医師・療法士の勤務時間に合わせたシフト・予約管理、各種計画書の作成といった数々の機能を搭載しています。

当ページでは、その機能をご紹介いたします。

リハ部門の合理化・迅速化

  • 予約情報のビジュアル化
  • ベッドサイドでのスムーズな予約登録
  • 予約表印刷
  • 来院チェックイン

1.直感的なビジュアル予約画面

POINT

患者予約情報のビジュアル化により、来院時のチェックイン(中待合)、処置中、処置完了、カルテ未記載などがすべてカラーで区分けされ、患者様のステータスが一目でわかります。


2.ベッドサイドで簡単入力

POINT

センター内の進行状況を全療法士がタブレットで共有できるので、リハビリ処置を効率良く行うことができます。無線LANによるタブレット運用で患者様の処置記録をベッドサイドで入力できます。
勿論、次回の予約登録もその場で完了できます。


3.予約から予約票印刷まで

POINT

タブレットで予約登録するとカウンタの専用プリンタから予約票が印刷され、患者様が次回の予約日を間違うことがなくなります。

チームリハの実現

  • リハビリ患者カルテの一元管理
  • チームリハの実現
  • 個別トレーニングメニュー
  • 電子カルテ連携

4.療法士のシフトに合わせた運用管理

POINT

リハビリ患者カルテをサーバにて一元管理することにより、担当療法士制だけでなくチームリハ制も行うことができます。予約も療法士指定と時間枠指定の両方が可能です。
処置記録はどの療法士が入力しても患者データベースに共有記録されます。


5.患者様個別トレーニングシート

POINT

療法士ごとに自宅トレーニング指示が異ならないよう、患者様個別のトレーニングシートが作成できます。


6.他社電子カルテシステムと連動

POINT

病院の電子カルテと連動して指定患者様のリハビリ情報を瞬時に画面に呼び出すことが可能です。(ワイズマン社連携)

リハビリ経過の見える化

  • 経過情報をグラフ化、動画保存

7.経過を画像やグラフで的確に比較

POINT

患者様のリハビリ経過をさまざまな項目で記録、管理できます。部位別疾患別項目設定により患者ごとにリハ項目の設定が可能です。
iPadのカメラによる静止画・動画撮影データを患者データベースに自動格納でき、任意の2点間の数値を同時表示して比較検討することが可能です。 また、指定項目のグラフ出力も可能です。


8.医師の指示・申し送り

POINT

医師より指示、または申し送りがあった場合、各患者様のカルテへ入力が可能です。
入力画面はポップアップ画面にて表示されます。


9.実行計画書作成

POINT

前回発行の実施計画書から変更部分だけを入力して、新しい計画書の作成が可能です。

各種計画書・評価シート

POINT

その他、以下の計画書も実装されています。

  • リハビリテーション実施計画書 ― デイケア
  • リハビリテーション実施計画書 ― 訪問
  • リハビリテーション実施計画書 ― 入所
  • 通所リハビリテーション計画書
  • 予防介護通所リハビリテーション 運動機能向上計画

運用における各ゾーンとの連携イメージ

POINT

各室に居ながら、リハビリ患者の情報共有が可能になります。
また、待合室の混雑状況やリハビリ室の混雑状況も各室にて、把握することができます。

POINT

これらの情報管理は全てタブレット(iPad)で操作できますので、リハビリのベッドサイドで患者記録の検索、予約登録ができます。
airprint対応にすればiPadから直接レシートプリンタへ予約票が印刷出力されます。
次回来院時には、この予約票を元にチェックインや予約の登録が簡単に行えます。

※iPadによるレシートプリンタ出力には、別途「HandyPrinter」アプリが必要です。


動作環境

POINT

aidiリハビリセンター運営支援システムを動作させるには、「FileMaker Server」および「FileMakerPro」・「FileMakerGO」が必要になります。
また、FileMakerが稼働する条件は以下のようになっております。


◆オペレーティングシステム(FileMaker Server)
Windows Server 2012 R2 Standard Edition(更新プログラム 2919355 をインストール済み)
Windows Server 2012 Standard Edition(廃止予定のテクノロジー†を参照)
Windows Server 2008 R2 SP1 Standard Edition、Enterprise Edition
◆オペレーティングシステム(FileMakerPro)
Windows 8.1 Standard Edition
Windows 8.1 Pro Edition
Windows 8 Standard Edition
Windows 8 Pro Edition
Windows 7 SP1 Ultimate, Professional, Home Premium
◆ハードウェア
・必要環境
CPU:Dual Core/RAM:4 GB
ハードドライブ:80 GB以上、ファイルサイズに依存、10 GB以上の空き容量が必要
・推奨環境
CPU:4-Core/RAM:8 GB
ハードドライブ:80 GB以上、ファイルサイズに依存、10 GB以上の空き容量が必要

▲PAGE TOP